FC2ブログ

国際空手道 円心会館 福岡支部 志免道場

糟屋郡志免町で空手道場を運営しています。空手界の理不尽な師弟関係を師範の目を盗んで告発するblogです。笑

ホームページのSEO

さて今回は、本部のホームページがgoogleの検索「空手 福岡」で一位をとったのを記念して、書いてみました。

以前、ネットが全盛じゃない頃はの道場への入会は、タウンページの広告が有効であり、師範は結構な金額の広告費を使っていました。

ところがネット全盛になり、ホームページが重要な道場生募集のアイテムとなります。しかし、これも地域差があるみたいで、東京のと
ある道場での新規会員の7割がホームページをみてということがブログに書いてありました。しかし福岡では、そこまでの割合はありません。

例えば、会員の紹介でとかポスティングのチラシを見てという入会の方が多いでしょう。

自分が子供の頃は友達が習いごとに通っていたら、遊べないので一緒に同じ習い事をするという流れでしたが、学習塾が全盛の現在は、そうゆう流れも減少しつつあります。

ポスティングの反響率は0.1~0.2%ですので、1000枚チラシをくばって1~2件の問い合わせがあり、さらに入会に到るまでには、減少する可能性があります。

そうなるとホームページのSEO対策は自分でやるなら無料ですし、その他の会員募集の手法での入会率は低いわけですから、力を入れてやることには意味があると考えています。

最新のgoogleのやってはいけないSEO対策と効果があるであろうSEO対策を頭に入れ、他流派のホームページを閲覧します。

感じたのは空手に興味がない人の道場を選ぶポイントが判らないので、結構、人を集めてる道場なのに、空手をやっている自分達が知りたい情報がのってないホームページが多いことです。

これは重要なことで、こっちが売りになると思っているアピールポイントが、空手を知らない人達には、全くアピールポイントになっていない可能性が高いということなんです。

サーチエンジンの最適化というのは、ある程度手法というのが広まっており、それに準じて作成をすれば結果はついてきます。

ただ、実際に道場に入会してもらえるようなホームページ作りとSEO対策は別ものなので、ここは研究をしないといけません。

理系の自分としては、仮説に基づき検証し結果を確認するという作業は面白いので、google対策により福岡支部のホームページを見る人を増やし、そこから実際に入会に繋がるホームページ作成が次の目標です。

ホームページの本部のホームページのリニューアルが5月にやって7月に検索1位の目標達成してますから、約2ヶ月で目標達成です。

頭を使って時間をかけずに効率よくやることは、空手の稽古だけでなく全てに応用がききます。
これも稽古方法(勝つ為の方法論の仮説)→試合(検証)→勝敗(結果)とういパターンですから、是非、少年部には結果のみに拘るのではなく、この過程に興味をもって欲しいものです。笑
スポンサーサイト