FC2ブログ

国際空手道 円心会館 福岡支部 志免道場

糟屋郡志免町で空手道場を運営しています。空手界の理不尽な師弟関係を師範の目を盗んで告発するblogです。笑

泰星ラーメン4

本日は早朝から陣ノ内先生から、先日、撮影していた泰星ラーメンのメニューの写真が送られてきたので、ホームページへアップする作業を行っていました。

ここで皆さんに見てもらいたいのが、オリジナル写真ラーメン10


これを色調をくっきりとさせた写真foodpic6183423.jpg


これを更にアングルを変更した写真ラーメン

とオリジナル写真から2段階の手を加えてメニューにアップしました。

飲食店のホームページは写真が命になりますので、道場のホームページ作成と違い、サイト自体は簡単にできるんですが写真撮影と、その画像処理に時間がかかるのが勉強できました。

既に、もう一件、別のサイトを作成しておりメニュー撮影が終了していないのですが、 「まごころのお店 居酒屋 ぱる」です。

まるでウエブサイトの作成が仕事みたいになってますが、これも一つの検証実験です。笑

こうゆう一見、無意味な行動が後で意味をなすことがあります。

福岡支部のホームページのグーグルの検索ランキング「空手 福岡」で、スマホだと2位、パソコンだと3位。

志免道場のホームページがスマホもパソコンも9位とSEO対策を実践してみた結果です。ランキング1位になる簡単な方法は判っているんですが、その手を使わずに、S道会館福岡支部を破れるか挑戦してみましよう。笑


さて昨日は、師範とウエイト終了後、泰星ラーメンへ。

偶然って恐ろしいです。ウエイトをやってる時に、師範と今後の空手やその他、諸々の展開について話をしていたわけです。

その中で、人との繋がりが一番重要であるという話をしていました。

そこで師範の知人と自分の高校時代の友人が、同じ会社にいるという話で盛り上がっていたのですが、食後、その知人は泰星ラーメンのオーナーの高校時代の友人であり、携帯のデーターが破損したので連絡とる方法がないかと尋ねられたわけです。

グーグルで名前を検索すると、現在の部署が判明しました。この部署なら自分の友人が知ってるかもしれないと、早速、メールします。

私の友人から直ぐに電話があったので泰星ラーメンのオーナーの友人のことを尋ねると、なんと直属の上司!

そして私の友人も、現在、泰星ラーメンの近所に住んでいるとのこと。

是非、E藤参段と一緒に、飲みに行こうと約束して電話をきりました。

人の繋がりは、どこでどう繋がっているか判りませんが、こういった人間関係のコラボで、面白いことができそうな気がします。
スポンサーサイト



泰星ラーメン3

ブログでグーグルランキングを書いたとたん、12位まで志免道場のホームページ落ちました。orz

ただ、福岡本部のホームページは4位に上がったんで、良しとします。笑

でも今回の志免道場ランキングが落ちた理由は思い当たる節がありますが、ランクアップさせるのは可能だけど難しいです。

他の手を考えないと不味いですね。

さて昨日の晩は、陣ノ内先生と泰星ラーメンに行っていまいりました。

目的は写真撮影。ホームページで使用する写真がないんで、中途半端なままホームページがアップされています。

陣ノ内先生が到着するまで、オーナーと将来の展望をお話します。

ここでは書けませんが、かなり虫のいいシナリオですが、全ては自分のこれからの手腕によりますし、店自体にも頑張ってもらわないと実現しません。

でも想定しておかないと自然には実現しませんから、出来るという前提で行動あるのみです。

師範、例のあのプランです。自分の風が吹いたら桶屋がもうかるという、仮定の上に仮定を重ねた都合のいいプランのやつです。笑

さて陣ノ内先生が到着します。

メニューを全部撮影しなければなりませんが、我々はドリフではないので食べ物を粗末にする様なマネはできません。

全部、撮影したメニューは食べなければいけないのです。笑

だから、順番が重要になります。

ラーメン→ワンタン麺→チャーシュー麺と1杯のラーメンを使いまわししてとらないと大変なことになります。

早速、ラーメンから撮影です。い、いかん、素人丸出しの構図で撮影を陣ノ内先生やってます。

そこで下調べしていた、ネットでの食品撮影のノウハウのページの構図を見せます。

自分 「いいですよ! 上手い、ナイスな構図です。 むっちゃ美味しくみえますよ!」

陣ノ内先生も自分の声援に、のってまいります。

正に、カメラマンが被写体をのせるときに声をかけるがごとく、背後でカメラマンをのせる構図です。笑

炒飯・白飯・セット用の餃子4個がでてきてます。ラーメン単品とラーメンセットメニューを連続して撮影していきます。

よし!ラーメン終わったんでワンタン載せて下さい。

スタッフ 「器が違うんで、使い回しできません。」

やばい、ラーメンとワンタン麺・チャーシュー麺は器が違うんです。

ならばワンタン麺とチャーシュー麺を一緒に撮影だと考え直します。

その間に私がラーメンと炒飯を食べるのを開始します。

陣ノ内先生は黙々と撮影です。

陣 「ワンタン終わったんで、ワンタンとって下さい。チャーシューにチェンジです。」

外したワンタンを即座に私が食べます。

餃子の単品メニューを撮るんで、セット餃子の4個に6個追加で焼いて下さい。

スタッフ 「すいません、焼目が同じ様にできないんで10個新たに焼いてきていいですか?」

食べ物屋のホームページは写真が全てです。ベストな状況でなくてはなりません。当然、OKを出します。

ここで、一旦、インターバルが入ったので陣ノ内先生が、チャーシュー麺を食べ始めます。

私はセット餃子4個の撮影はないので、餃子を食べ始めます。

ここまで読んでいくと何となく、結末が見えてきませんか?笑

その4へ続く


泰星ラーメン2

木曜日に行った、スクワットが非常に効いている状況で日曜の稽古。つらいけど、やっぱり筋肉痛がないと不安になります。

運動をやってない人は、筋肉痛がくると運動不足を日頃の運動不足を感じるのでしょうが、師範も私もウエイトをやって筋肉痛がこないと、逆にトレーニング不足を感じるというタイプです。

追い込みきれていないという不安です。下りのエスカレーターを上に登るイメージです。足を止めると下がり、必死に上がる努力をしても、現状維持か少ししか上に登らない。

中途半端にやってもキツイのはキツイので、どうせキツイなら、思いっきり追い込まないと時間の無駄なのでやるという感じですね。

師範はウエイト以外に部位鍛練(拳や脛、背足)や、打たれ強さ(ボディー、ロー)と空手の稽古以前の基礎トレーニングをビッチリとやっておられるます。

この辺は他のスポーツ競技と違って試合をやるやらないに限らず、常に一定のレベルを以上を維持するところが武道の特長といえます。(武道といえど、これをやらないのは、最早、武道をやってるとは言えません。)

さて本題に移ります。

自宅で福岡本部のホームページの更新をしていると、拳○からTELが!

拳○ 「Tomy 今、泰星ラーメンにおるけん、出てきいよ!」

自分 「了解。」

拳○と自分はミトコンドリア繋がりなのでタメ口です。笑
(ちなみにミトコンドリアは母親のDNAタイプを受け継いでいきます。ですからミトコンドリアのDNAを調査し追っかけていくと、母方の共通の祖先に辿り着きます。)

さて自分は、今週、泰星ラーメンは12日・13日・15日に続き、4回目です。

師範にいたっては昨日も行かれているので、5回目ということになります。

13日 ラーメン 14日 ワンタンメン 
15日 炒飯セット炒飯セット

17日 裏メニュー カレーライス隠れメニュー カレーライス

なんとラーメン屋なのに裏メニューとしてカレーがあるんです。

早速、食べてみます。

一言で言うなら、お蕎麦屋さんのカレーという表現がピッタリです。

辛さは控え目なので、ラーメンと一緒に食べてもラーメンの味を殺しません。

まさしく麺類をメインに頼んだ時に、もう一品頼むときにピッタリのカレーというべきでしょう。

カレーとしても美味しいのですが、方向性は麺類をアシストするカレーという趣です。

カレーライスよりカレー丼にした方が、見た目と味のイメージが合致する気がします。

15日からのオーダー状況を聞くと、セットメニューは殆ど炒飯セットとのこと。

これは自分の予測どおりです。麺類と、もう一品頼みたいんですよ、やっぱり。

オーナーさんとスタッフさんにも話をしましたが、セットメニューとして

餃子セット(ラーメン+餃子5個)とカレーセット(ラーメン+半カレー丼)を作れば、結構出ると思います。

が、繁忙時の調理時間の問題があるんで、簡単にはメニューを増やせないんです。今後、期待したいところです。

さて、この裏メニューのカレーはメニュー表には載せません。

知っている人だけが頼めるメニューとなりますので、このブログを読んでいる方だけのお得な情報です。笑

泰星ラーメン

本日は師範と一緒にウエイトトレーニングの日です。

自分は体重が落ちすぎて最早、115kgも挙がらない状況の中、師範は余裕で130kg×2、135kg×1と軽々とクリアーしていきます。まぁ、自分の不調の原因は判っているので、スタミナ重視ということでランニングの調子はいいので、ベンチは気にしないということで。笑

ウエイトも終わり、福岡イサミで師範と買い物をしにいきます。自分は何も買う気がなかったのですが、道着のズボンのB級品がなんと1000円!即買いました。凄くいい買い物をしました。

さて用事が終わり、師範と泰星ラーメンへと向かいます。

泰星ラーメンは本日がオープンということで、プレオープンの13日とプレオープン前日の12日にも行ってますので、今週3回目の訪問です。

この泰星ラーメンなんですが、この店のラーメンの味は昭和39年に設立され現在も続く名店の味を引き継いでいます。諸事情により店名は出せないのですが、雑誌で博多のラーメンランキングに掲載され、芸能人も来店する老舗ラーメン店で修行されたオーナーが新規で開店されました。

そして、ここの看板のデザインと字は二宮館長の直筆なんです!
そして、現在、作成途中ですがホームページとお店の名刺は自分が担当しています。
師範からは開店のお祝いの御花が届けられて飾られているという、かなり円心空手が後押しをしているお店なんです!

丁度、お昼のピーク時を避けて来店したので店内は師範と2人だけだったんですが、なんとセットメニューの炒飯セットを注文したら、昼にものが出すぎてライスが切れて1人前しか用意できないとのこと。

スタッフさんが、気をきかせて在る分で2人分に分けますよということで、通常 ラーメン+半炒飯→ワンタン麺+半炒飯小と師範はちゃんぽん+半炒飯小というセットを作ってくれました。

ここのワンタンは、ニンニクと胡椒が効いていてパンチがあります。また、皮は餃子と共用していないワンタン用なのでもっちりした食感にツルッとした喉越しで、自分は大体ワンタン麺を頼んでたんですが、食べログをみると修行したオリジナル店でもお薦めの一品として評価されている代物です。

師範の頼んだちゃんぽんも、ここのお薦めなんです。陣ノ内先生の長女のN美は甲殻アレルギーで蟹や海老なんかを食べれないのですが、ここのちゃんぽんは大丈夫らしく、毎回、ちゃんぽんを食べてたらしいです。
師範も、9割方ちゃんぽんをオーダーする位、気にいられているみたいです。

あんまり美味しいとハードル上げるとあれなんで、正確に評価するならば、ここのラーメンは、あなたの一番おいしいと思っているラーメン店よりは劣るかもしれません。

ただ、本場中国の中華料理、本場インドのカレーより恐らく、日本ナイズされた中華料理やカレーが万人受けするようように、癖がないんです。

ただ癖がないといってもスープは濃厚なのにトンコツ臭さがなく、後味スッキリとした優等生タイプのラーメンなんです。この癖がないというのが個性なんですが、判りにくい個性なので何回か足を運ばないと、何故この味が50年以上もラーメン激戦区の博多で生き残っているのか理解できないかもしれません。

ちなみに少年部の泰○のお父様が、なんと来店して食事をされていました。日曜部に泰○がラーメン好きでお父さんとラーメン食べに行ったりすると話しをしてたので、泰星ラーメンを紹介してたのですが、びっくりしました。

またFacebookでも田村さんが、ビジネスマンクラスを終えて食べに行った報告を昨日投稿してました。E藤参段もプレオープン初日に私に続いて2番目の客として来店して食べてます。あっ、ということはプレオープン1番目の客は自分ということか!笑

一度、道場生や保護者の皆さん、ぜひ泰星ラーメンで食べてみてください。
自分が言ってる味の意味が判ると思います。

食べログで、正確な表現だなぁと思ったのが、「他県から来たお客さんを連れて行ったら気に入ってもらえる店」つまりトンコツ特有の癖になれてない人達が受け入れやすく、多分、女性なんかも気にいるんじゃないでしょうか。

お店もお洒落な感じで、お店のスタッフも凄く愛想がいいので入りやすいですよ!