FC2ブログ

国際空手道 円心会館 福岡支部 志免道場

糟屋郡志免町で空手道場を運営しています。空手界の理不尽な師弟関係を師範の目を盗んで告発するblogです。笑

志免道場開設 1

本日は、志免町議選の期日前投票にいってきました。日曜日はクラスをもっているので、時間に余裕がないからです。

国政選挙は、この前の参議員選以外は選挙に行ってたんですが町議選ってあんまり選挙に行った記憶が残っていません。

ちなみに参院選は自民に入れたいけど比例で絶対に当選させたくない人物がいたので棄権しました。

なんで、選挙の話をするのか、それは「二宮みつよ先生」が深く志免道場を開設するにあたり、関係があるからなんです。


時は遡ること昨年の12月。時間的に余裕ができる仕事(空手は本業ではありません。ここは後で重要なポイントになります。)をやることになったことを師範に報告するところから始まります。

師範 「Tomy、道場開くか?」

自分 「押忍!」

師範の後押しにより道場を開くことを決定するところまでは、全く躊躇も問題もなかったんです。

問題は場所です。

師範 「この地区は先々、○○くんが道場を開くかもしれんけん、それ以外だったら、いいよ。」

元々、どこどこの場所で開きたいという希望があった訳ではない私は特段の問題でではありません。

自分 「師範、この地区(志免ではありません)には円心の道場がないのと人口の多さからも、ここをターゲットにしようかと思うんですけど?」

師範 「場所の確保が問題と、最初、生徒のおらん地区やったら、スポーツジムの空手教室で入り込んだ方が場所と宣伝をジムがやってくれるけん、検討した方が良いかもしっしれんね。」

流石、20年以上道場運営をやってますので的確なアドバイスです。

ここから年が明けるまで、この話を師範としただけで具体的に行動は起こしてませんでした。

体調を崩していたのと、バックに師範がいるので、あんまり切羽つまった感がなかったんです。この時点では。
スポンサーサイト