FC2ブログ

国際空手道 円心会館 福岡支部 志免道場

糟屋郡志免町で空手道場を運営しています。空手界の理不尽な師弟関係を師範の目を盗んで告発するblogです。笑

この夏のイベント

昨日は、福岡支部の昇級審査会で過去最高の人数。

青帯の審査が終了した時点で9時から始めて、12時45分。

大変ですが、道場的には非常にいいことです。

審査会終了後に今後の夏のイベントの打ち合わせということで、泰星ラーメンへ。

いつもはワンタン麺をオーダーするのですが、本日は裏メニューのカレーをオーダーします。

これが、凄くおいしい。今後、ワンタン麺にするかカレーにするか迷うことになりそうです。

さて、打ち合わせの本題は直伝メソッドと福岡支部20周年記念パーティーです。

このイベントには多くの参加者を集めたいという想いがあり、その方策の打ち合わせです。

開催予定日の8月29日(土)ということで、社会人の会員は仕事によっては参加できない人達もいる。

そして、過去に円心会館福岡支部と関わった人達に、20周年パーティーに是非参加してもらう為に、どうするかということの

打ち合わせです。

とりあえず大まかな計画を立ててたので、後は細かいところをつめていくことになりますが、「無理・無茶・派手」を

モットーとする福岡支部ですから、なんとかしなければなりません。笑

陣ノ内総監督の手腕の見せどころです。しかし、なんと言っても福岡支部の黒帯が一丸となって、協力しないと成功は難しいので

今年の夏は、熱くなりそうです。
スポンサーサイト



調査結果

本日もノルマの6kmのランニングが終了。湿度が高いので汗が吹き出ます。

今回の御題とも絡んでくるんですが、泰星ラーメンがブログで結構、いい感じで紹介されていました。

そのブログです。この方のレビューが妥当な感じですね。

他のブロガーの方達のは、癖があるのが好みみたいんで低評価でしたから。

1433839917691.jpg
1433839880629.jpg

さて、先週の水曜に調査に行っていたのは、このモツ鍋です。

判りにくいのですが、スープがトンコツなんです。

山本君がサバキチャレンジで準優勝をした祝勝会を泰星ラーメンでやることになっていたのですが鍋料理を追加するにあたり、この鍋を研究しに行っていたのです。

飲食店の場合、材料のロスを少なくする為に、なるべく材料は他の料理にも転用できる物が必須です。

このモツ鍋の場合、スープはラーメンに。キャベツはちゃんぽんに。ニラはニラ玉。モツは丸腸なら唐揚げにすると、もの凄く美味しいんです。〆の麺はチャンポン麺もありますしね。

今回、初めての試みで陣ノ内先生が調査をしていましたが、モツ鍋用にはスープを濃くしないとキャベツの水分で味が薄くなるのとモツは、自分は丸腸の方がスープを吸い込んで味が染みるのと、余ったモツは唐揚げで他の料理に使用できるので、いいと思いました。

福岡に住んでいてモツ鍋は醤油と味噌しかないと思っていましたが、調べたらトンコツのモツ鍋って、やってるところは結構あるんですよ。

泰星ラーメンのオーナーは研究熱心なので、今回の調査を陣ノ内先生に依頼してたんですね。頭が下がります。

本日は調査

昨日、今日と湿度が高く気温が低くとも、滅茶苦茶汗をかいております。

特にトレッドミルでのランニングは、モーターの熱と体温、周りの人の熱で、滅茶苦茶に汗をかきます。

昨日、ランニングができなかったので、本日、走りましたが、やっぱり熱いです。

何とかペースをキープしてますが、これからの季節、しんどくなります。

さて山本選手、見事、サバキチャレンジ世界大会でヘビーで準優勝! 今回で3回目の準優勝です。

準優勝は見事です。でも山本くんの実力からすると残念でもありあます。

今週の土曜は祝勝会の開催です。場所は、しょうき か 泰星ラーメンです。参加人数次第ということでしょう。

今日は、この祝勝会の為というか、今後のための調査に行ってきます。

志免道場の稽古が終了後、陣ノ内先生と調査に行く予定にしています。

自分も初めての体験なんで楽しみです。また結果を報告します!

体重が!

さて、本日はスクワットの日なので、アクシオン福岡へ。

昨日、志免道場とアクシオン福岡道場の生徒募集のポスターを師範より預かったので、アクシオン福岡の事務所に渡しておいたんですが、早速、貼ってありました。

場所の希望を聞かれたので、目立つ場所に貼ってくださいといっておいたんですが、予測どおりの場所でした。笑

昨日は稽古前にランニングの為にアクシオン福岡に行っていました。ランニングが終わり体重を計ると64.4kgと先週より更に1kgの体重ダウン。

円心に入門前が61.5kgだったので、ウエイトを始める前の体重にどんどん近づいていっています。

某ジムの厳しい炭水化物ダイエットに比べると、自分の食事は炭水化物は夜を控えるくらいで、むしろ朝・昼は炭水化物のみになってる気が。笑

ランニング楽に走れるんで、いいのはいいんですが、ウエイトの扱える重量が厳しくなります。

ベンチも115kg程度を失敗するし、スクワットも2ヶ月前には132.5kgで4発とれていたのが1発しかとれない状況です。

某ジムに通う人達みたいに痩せるだけが目的ならいいんですが、こちらの目的はスタミナとパワーのバランスが強さのベストになる様に調整です。

試合に出る出ないに関係なくコンデションを整えておくのが、当然というのは館長や師範を見ていると痛切に感じます。

よく体格が華奢でも実際強い方が格好よく思えますが、よく考えてみてください、体格のでかい相手にワザワザ喧嘩吹っかけますか?笑

多分、現状のウエイトの扱う重量でも十分、一般の人より強いんですが見た目は、全く普通の人。笑

師範のように禍々しいまでの明らかに尋常じゃないなというオーラーがあった方が護身になります。

しかし、あの学生時代のもっとギラギラした威圧感があった師範に、チョッカイをかけた勇者チャレンジャーがいたんです。

それは、陣ノ内先生の友人達です。数人で囲んだあげく、一喝され説教をされたらしいんです。師範のレベルになると
実力行使する以前で制圧できます。サバキ以上に相手を傷つけません。笑

その時、陣ノ内先生は友人が囲んだ相手が師範としったのは社会人になってからとのこと。

人間どこでつながるものか判らないものです。笑

しかし、ただ体重が落ちただけでは面白くないんで、師範からの指示でチャレンジビギナーズ向けの簡単なダイエットの資料作成するように指示されています。

某ジムより安く続けやすいというか、チャレンジビギナーズを続けてもらえるような資料にしなきゃいけません。

でもこれ商売目的じゃないんですよ。某ジムのやり方は多分数ヶ月が限界です。

あの炭水化物の制限は、つらいはずです。緩い制限と適度な運動で適正体重に落とす方法じゃないと続かないですもん!

ダイエット

昨日はランニング6kmやった後に高宮道場へ。基本が終わった時点で尋常ない汗が。笑

そのうちに身体が慣れるんでしょうが、思った以上にランニングで消耗してたみたいです。

そして本日、スクワットをやってみましたが、先週よりは調子を戻しました。

最近、ランニングの調子がよく目標ペースをクリアーしていますが、ウエイトの重量は下がりまくりなんです。

スクワットでいくと132.5kg×4→132.5kg×1、ベンチ 117.5kg×1→115kg×0

原因は体重が71kg→65.4kg これだけ体重が落ちれば、ウエイトの重量が下がるのはしょうがないと諦めるしかありあません。期間は多分2~3ヶ月くらいで落ちたと思います。

ちなみに初めて全日本に出たときは76kg→70kgまでを2ヶ月弱で落としてるんで、まぐれで落としてるわけでもありません。


さてダイエットというお題ですが、この体重が落ちたのは自分が別に特別なトレーニングをやった訳ではありませんし

特に食事制限をした訳ではありません。


今、芸能人を使ってよくCMで流れているジムですが、皆さん、費用いくらかかるかご存知ですか?

2ヶ月(16回)で約35万です。

youtubeで内容みたんですが、あれはトレーナーの指示を守れば確実に痩せます。

でもトレーニング自体は、運動をやってない人にはキツイでしょうが、補助的な物でしかありません。

何故、痩せるのか。理由は炭水化物ダイエットです。

この炭水化物ダイエットは、ご飯・麺・パン等の糖質をとらずにたんぱく質と脂肪と食物繊維で栄養をとるダイエットであり、ボディビルダーのコンテスト前のダイエット方法なんです。

それではTVで流れているジムでのトレーニングは、筋力トレーニングがメインで有酸素はあまりやらないみたいですが、これもボディビルダーと同じ手法なんです。有酸素は筋肉を減らすからです。

カロリー制限をすると身体は、筋肉を落としてカロリーの消費を抑えようとします。だから食事だけでダイエットすると、平常時のカロリー消費量が減り、むしろ太りやすい身体になります。これがリバウンドの原因になります。

それを回避する為に、TVでCMやってるジムは筋力トレーニングをさせて筋肉を維持させるわけです。

しかし、ビルダーでさえ年間通じて炭水化物を抜いているわけではありません。コンテスト前に摂取量を極端に落とす訳です。

だから、あのジムは2ヶ月で結果を出すと広告してますが、逆に年間を通じて、あのような食事制限は不可能な訳です。


自分の話に戻ります。円心空手の場合、試合はウエイトごとに分けられます。体重が重い程、力は強くなりますが心肺能力に限界があるので、パワーとスタミナが最もバランスいい体重を自分で探ります。

ウエイトの重量とランニングのタイムで自分の場合は、ベストウエイトを探りあてるわけです。

今回、体重が落ちたのは元々ウエイトトレーニングはやっていますし、ランニングも同じ距離を走っています。

即ちトレーニングで体重が落ちたわけではないんです。原因は食事。食事制限はしてませんが、お腹がすいたら物を口に入れる。夜、炭水化物の摂取を減らす。

これだけで、6kgくらい落ちるんです。人間の身体は飢餓状態が続くと消費カロリーを減らし、栄養を脂肪に替えようとします。

ビルダーも一日、5~6食とるのは、同じ量を細かく分けて空腹になる時間を減らしてる訳です。

空腹になり物を食べると余分に食べてしまうリスクと、消費カロリーを減らす身体のメカニズムで体重は落ちません。

今、書いた内容は師範も自分も常識として知ってますしウエイトコントロールすることは、難しいことではありません。

ただ継続することが難しいんです。自分は15年以上、ウエイトとランニングを続けていますが、好きでやっている訳ではありません。モチベーションは組手でボコられるのが嫌なだけだからです。笑

受験勉強もしたくないけど、浪人もしたくないから勉強するしかないという感じでしょうか。笑

今、福岡支部ではチャレンジビギナーズクラスを行っていますが、あのトレーニングに食事を工夫すれば間違いなく痩せられます。

痩せて尚且つ、単調なトレーニングでないので飽きがこないのと同時に護身の技術が身につく。そして心肺能力が強化

されるので疲れにくくもなります。さらに3000円/月というリーズナブルな価格なので長く続けてシェイプを維持できます。

明日、チャレンジビギナーズクラスでは護身テクニックの講習があります。興味のある方はぜひ参加してみてください。

単調なランニングとウエイトトレーニングより絶対に楽しいことは保証します。笑